くらし便り

<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

H26.9 換気扇!掃除のすすめ~

洗濯物干しもままならないこの季節、換気扇しててもカビが生えたー というお話です。

a0255294_9265469.jpg

昨今の住宅では、24時間換気が義務化されていますので
ほとんどのお住まいに換気扇がついているかと思います。
ちなみに、イングの住まいでは、第3種ダクト式換気を標準仕様としています。

さて、24時間機械で換気がされているから、カビが出ないわ!と思っているあなた。
状況によっては生えてしまうのです、カ・ビ・・・
008.gif 「あら~、換気してるのに~」とあわてちゃいますね。
ちょっとしたショックを受けることになります。

気密・断熱のとれた住まいでは、冬には、閉じられた屋内の管理がしやすいのですが、
夏場は、締め切りで全館冷房という方は少ないです。
特に秋田のように、窓を開けたらなんとか過ごせる環境では、
外気とはいつもつながった状態になりがちです。
日々のお天気と相談しながら過ごし方を決めることになります


a0255294_9274947.jpg

ご存じと思いますが、復習しましょう。
カビの生える要素は、酸素・湿度・栄養ですね。
このどれかを絶つことができれば、カビは生えないことになります。


酸素は、くらしのなかでは、絶つことが難しいので、ほかの2要素を除くことでがんばります。
a0255294_929315.jpg

栄養は、汚れと呼ばれることが多いのですが、
その場合はお掃除が大事。
気温と湿度の高いこの時期のお掃除は、できるだけから拭き。濡らさないと拭けないときは、
後で、から拭きしたり、扇風機やエアコンを使い除湿をしましょう。
革の靴や鞄はそれ自体が栄養ですから取り除けません。
雨天のお出かけから戻った靴や鞄は、すぐにお手入れ。湿気を取ることで守ってください。
乾燥剤や新聞紙を押し込み、湿気を取りましょう。
乾いた新聞紙を入れてくださいね。たっぷり湿度を持った新聞紙では逆効果になってしまいます。

●そして湿度
部屋の湿度は換気して除く!と思いがちですが、雨の続いた時の外気は、とても湿度が高くなっています。
そんな日に換気と称して、窓を開けたり換気扇を強運転にすると、
余計に湿気を呼び込んでしまうことにもなります。
そういうことで、換気は外気の状況をよく見て、調整してください。
晴れ間をみて、風を通すのは003.gifGood Job!
換気扇もこのときとばかりに、湿気を排出!といきたいものです。


そこで、注意をひとつ。
本日のタイトルですが、換気扇掃除していますか。
換気扇の掃除を怠ると、換気扇からウィ~ンウィ~ンと大きな音がしていても、
うまく排気できなくなっていることがあります。
特に大きな音がするときは、埃がたまって付加がかかっていることも考えられます。
湿度のたかかったこの季節、埃がねっとり絡みやすそうです。
乾燥に向かう今の時期が、掃除にいいかもしれません。

a0255294_9293561.jpg機械はありがたいものですが、任せっきりではうまくいきませんので、
時々「どう、うまく働けてる~?」という気持ちで、ご機嫌伺いしてください。
機種によると思いますが、3種換気で半年から1年。
1種換気なら半月からひと月に1度は掃除した方がいいようです。


a0255294_9295961.jpgうまく使って、お家も人も健康に暮らしましょう。ネッ!
a0255294_9333526.jpg

[PR]
by ing2500 | 2014-09-01 19:34 | 掃除



住まいづくりの「イング」から季節毎の住まい方情報をお届けします。